東方ライブアライブ

東方ライブアライブ コーキー
東方ライブアライブ公式
ゲームをプレイするにはRPGツクール2003のRTPが必要です。
01
東方ファンならクスリとくる場面も。

『概要』
8~12時間ぐらいのRPGです。
シナリオセレクト採用の新感覚 東方二次創作RPG!

『見所』
舞台も境遇もバラバラな物語がいくつも存在。
各編ごとにシステムまで違う。面白さも多彩だ。
ただしミニゲームの集合ではない。奥が深いぞ
!
本家ライブアライブを擬似的に楽しめます。
02
最終章は4人PTとなります。

☆あの世で俺にわび続けろ!○○!!

ライブアライブを東方キャラでリメイクしたゲームです。ライブアライブって何? 東方キャラって何? という方でも楽しめますのでご安心下さい。もちろん、知っていればより楽しめます。ゲームはオムニバス形式の短編or中篇シナリオがいくつかあって、それをクリアすると新たなシナリオが出て、最後はそれまでの主人公が勢揃いするというのが大まかな流れです。この最後に勢揃いというのがいいんですよね。プレイヤーは最初に用意されてるそれぞれのシナリオをクリアすることで、キャラクターに愛着が沸くのです。だから脇役というのがなく、勢揃いする終章はすごく楽しかったです。全員を育てたいなあと思いましたし。03
7人の絵師さんがキャラクターデザインをしてます。

ストーリーは細かい部分の違いはありますが、概ね本家ライブアライブを踏襲しています。名シーンもバッチリ再現されてるので、シナリオは面白かったです。本家をやったことがない方はもちろん、本家プレイ済の方でも細部が違ってたり、または懐かしいシーンがキャラが再現されてたりするので、「おー! このシーンは! このキャラは!」なんて盛り上がれると思います。私は盛り上がれましたw 欝的な展開もあって賛否ありますが、私はこのシナリオは好きですね。シナリオも楽しんでほしいので出来れば予備知識なしでプレイすることをオススメします。音楽も本家の名曲が再現されていたりして、そこも良かったですね。「MEGALOMANIA」はファンも多い素晴らしい名曲なので、この名曲を知らない方はぜひ堪能して頂きたいです。

|

アンブレード戦記

アンブレード戦記uepom
ヒコシマブレイクLite
タイトルをクリックでDLページに飛びます。01
乗り物がある箇所もいくつかあります。

『概要』
8~12時間ぐらいのアクションゲームです。
大海に浮かぶ平和な島「ヒコ島」に突如巨大戦艦が攻めてきた!イヌイは「アンブレード」を手に取り、巨大戦艦とその組織「漆黒党」を倒すために立ち上がる。このゲームはカエルの主人公「イヌイ」を操りステージをクリアしていくタイプの横スクロールアクションです。

『見所』
メイン武器がかなり個性的です。
やればやるほど機数が増えていきます。
ステージの仕掛けが色々で面白いです。
ノーマルクリア後、真エンドがあります。
02
一度クリアしたステージは何度もプレイ出来ます。

☆カサにかかって進むべし
本作の最大の売りはやはり超個性的なメイン武器である、アンブレードにあるのだと思います。攻撃にも防御にも移動にも使えるというのが面白いんですよね。横と上に攻撃が出来て、防御も同じ方向にすることが出来ます。飛び道具を使う敵に対しては、防御はすごく重宝します。進むタイミングを計る待ちの状態の時は、とりあえず防御しておくと危険が減ります。上部に傘を開けば降下速度がゆっくりになってジャンプの距離が伸びるので、移動にもかなりアンブレードを使うことになって、メイン武器の汎用性というのはよく出来ていると思いました。これは本作の大きな長所の一つです。
03
真夜中の決戦。

ステージごとの仕掛けも、メイン武器を上手く使わなければならない箇所が多くて楽しめました。クリスタルは色んな所に隠されているので、ステージ内はいろいろ回ってみることをお勧めします。クリスタルを取り逃しても、ノーマルクリア後は未収得のクリスタルがどのステージにあるか表示されるので、いい仕様だなと思いました。失敗しても機数が増えていくのも良かったですね。私のようにアクションが下手な人でも、機数が多ければ何度もトライ出来るので助かりました。慣性の法則がけっこう働くので、わりと繊細なプレイが求められますが、まあ何度もやってればなんとかなりますw サブウエポンもなかなか個性があって、アンブレード含めてそれぞれの武器を上手く使えば攻略できるように作られてます。ステージごとにストーリーもあって、そちら方面も楽しかったです。

|

ルインズワルド

ルインズワルドはきか
GAME GEOMETRY
プレイにはRPGツクールVX RTPが必要です。
タイトルをクリックでDLページに飛びます。02
この敵はストリングバインドを使うと倒しやすいです。

『引用含む説明』
クリアまで15~25時間ぐらいです。
滅んだ世界「ルインズワルド」に唯一生き残った人間の少女ラニエが、謎の猫カイツと共に希望を求めて旅に出るお話です。

『見所』
いつでも転職が可能でコストもゼロです。
職とスキルの数が非常に多いです。
BGMの全てとグラフィックの多くがオリジナルです。
隠しボスが多彩でクリア後の楽しみが充実してます。
03
物理と魔法のどちらもいける攻撃的クラス、バトルメイジ。

☆滅びの世界の生存者
滅びの世界で唯一生き残った人間であるラニエは毎日を寂しく過ごしています。そんなラニエの元に、あるとき一匹の不思議な猫が訪れ…というのが物語の始まりとなります。ストーリーは前半がロードムービー的なノリで後半は謎が解明されていくストーリーの核を楽しむという構成になってます。前半は旅の道中を楽しみ、後半は謎の解明を楽しむ感じでしょうか。道中の会話もストーリーの核心部分も、どちらもけっこう面白かったです。またゲームとしても寄り道に新たな職(クラス)があったりアイテム取り放題の不死の洞窟があったりと、ゲーム的にも飽きさせないような工夫があったりします。シンボルエンカウントで動きの早い敵は避け辛くやや面倒ですが、高速戦闘完備というのがフォローになってると思いました。旅の行程は長めなので、寄り道を楽しむつもりでプレイするのがお勧めの遊び方です。
01
クールな猫、カイツ。その正体とは? 目的とは?

本作の一番の見所はなんといっても豊富な職とスキルですね。転職はコストなしで好きな時に好きなだけ行えるので、ストレスなくクラスチェンジを楽しめます。基本職を複数取ると上級職が解放されて上級職は便利で強力なスキルが使えたりします。そうやってキャラを、パーティを成長させていくのがすごく楽しいんですよね。このキャラにこのスキルが欲しいからこの職を経験させるかーとか戦略を考えるのが面白かったです。一つの職を極めるとちゃんと極めた履歴が残るので強くなっていく充実感というのもありました。全てのBGMと多くのグラフィックが作者さんの手作りで、オリジナリティがあったのも長所の一つです。最初の道のフィールド曲、ラニエのテーマはすごくいい曲ですよ。絵や音楽にオリジナル要素を求める方や、クラスチェンジでキャラを強くしていくのが好きな方にはお勧めのRPGです。

アドバイスを少し書いておきますね。
・序盤の蛇の洞窟では必ず「ブーメランド」を取っておいたほうがいい。全体攻撃はかなり重宝する。アサシンの「必殺」と組み合わせるとより美味しくなる。
・ニンジャの「猛攻」は早めに取りたい強力なスキル。中盤以降になるが、バーサーカーの「縦横無尽」もあると便利。
・不死の洞窟は階層が深くなるほど良い宝が出てくるし、デスペナもないのでちょくちょく寄って宝を取っておきたい。
・クリア後のCP稼ぎは裏熟練者の洞窟がお勧め。一枚目のSSの通り、転身する熟練者を狩るのがいい。スキルは「熟練者狩り」ではなく「ストリングバインド」と「神々の声」を使ったほうが早いし確実。攻撃力が高ければ「ストリングバインド」だけでもいける。

|

スーパータワーディフェンスウォーズ

スーパータワーディフェンスウォーズ
(´・◎・)
タイトルをクリックでDLページに飛びます。Stdw02
陣形は地形によって臨機応変に考えていきたいです。

『引用含む説明』
8~12時間ぐらいのタワーディフェンスです。
DTDを元にした、塔防衛ストラテジーゲームです。
通常のトライアルモード、
強化したユニットで戦えるパワーモード
初めての方も安心なチュートリアル
やり込みを記録するアワードなど
豊富なモードをそろえています。


『見所』
指揮官が8人もいて、それぞれ個性があります。
なので、攻略法は一つでなく複数あります。
ユニークなマップがたくさんあります。
チュートリアル完備でとっつきやすいです。
Stdw01
連射が得意なミソラ。速射を活かす陣形を組みたいです。

☆戦争の7割は指揮官によって決まる
全20ステージのタワーディフェンスゲームです。色んな特徴があるマップが20ステージもあるので、なかなかやりがいがありました。本作の最大の特徴は指揮官が8人もいる事なのだと思います。それぞれに個性があって、それがユニットにも影響を及ぼすのが面白かったです。一本道のマップではチヨコやアックスが便利で、道を切り替えるマップではマリウスやミソラ、広いマップではカノンやツルハゲ、敵の速度を殺したい場合はオワル、麻痺で勝負したい場合はターコマン、という風に指揮官によって戦略が違うのです。指揮官はマップの向き不向きがあるので、指揮官選びから考える必要が出てくるというわけです。まあ、わざとそのマップに不向きな指揮官を使ってマゾプレイするのも止めはしませんがwStdw05
中央の拠点を守るというステージもあります。

上のSSを見てわかる通り、拠点は画面の端とは限りません。このように中央にあったり、逆に敵が中央から沸いて上下左右に拠点があったり、四隅にあったり色々なのです。マップがバラエティに富んでるので、陣形を考える楽しさはかなりあります(というか、後半戦はベストの陣形を作らないと非常に厳しくなります)。指揮官によって扱えるユニットの種類が微妙に違って、言い換えるとユニットの種類自体が豊富というのも忘れちゃいけない美点です。レベルの上がりやすさやどんな敵に特効があるかも違うので、おのずと戦略自体も豊富になるんですよね。攻略法が一つでない、全く別の攻略法(陣形)を使ってもクリア出来るというのは深みがあって面白かったです。ボーナスタイルで強化する事が出来たり、マニアックモードやヘルモードというやり込み系のモードも備わってます。上位モードをノーダメでクリアするのはかなり難しいので、腕に自信のある方は是非チャレンジしてみて下さい。戦歴はオートセーブされるし、ヒストリーで細かいものが確認できるやり込み要素もけっこうあります。

少しだけアドバイスを書きますね。
・レベルアップは一つのWAVEが終わった合間にやる。
・一本道でない場合、なるべく拠点までの道は二つ作る。
・困った時はシキカンブレイヴ。ノーマルモードはこれをやっておけば全てラクにクリア出来る。
・範囲攻撃は魔法使いより僧兵の魔法や司祭のビームのほうが優れてる。当てにくい欠点はあるが、陣形を工夫すれば効果は大きい。まとまった敵の集団にうんざりした時は僧兵や司祭を上手く使うのがお勧め。

|

一週間戦争

一週間戦争CAT END TURN

タイトルをクリックでDLページに飛びます。
プレイにはRPGツクールVXRTP が必要です。
01
エルミィ編では部隊を使った集団戦となります。

『引用含む説明』
クリアまで15~25時間ぐらいです。
CETフリーゲーム第四弾はシミュレーションRPGです。
4人の主人公から選択し、全く違うシステムのゲームを楽しむ事が出来ます。
当然違う視点からなので、4人全員やると全貌が見えてくる感じに纏めました。

シリアスなストーリー系のシミュレーションRPGですので年齢層は高めです。


『見所』
ストーリーが骨太でしっかりしています。
4人の視点を絡み合わせるという演出が面白いです。
絵がものすごく多く、差分込みで200枚以上あります。
ゲーム内ゲームの種類が多いです。03
管理人お気に入りの一枚。ミアがなぜ泣いてるのかは本編でご確認ください。

☆One week war
紹介ではシミュレーションRPGとなってますが、ゲーム的な作りで言えばミニゲームの集合体といったほうが近い表現なのかもしれません。中世とか戦争とかストーリーはすごくRPGっぽいんですけどね。四人の主人公がいて、それぞれの視点から一つの戦争を見つめることになるのですが、主人公達には様々な背景があって視点の違いが面白かったです。ストーリーは重厚かつ意外性があって、なかなか楽しめました。絵は差分込みで200枚以上あって、効果的な挿絵が入るのでストーリー面も相乗効果で盛り上がるんですよね。よくもまあこんな大量の絵を描いたなあと、作者さんの努力に感服しきりです。話はすごく長いですが、話自体は面白かったし、豊富な絵というのも飽きさせない長所なのだと思います。02
舌戦なんてのもあります。

多いといえばミニゲームもすごく多いんですよね。普通のRPG風戦闘だったり集団戦だったり、かくれんぼや鬼ごっこ、拠点防衛の戦いや舌戦なんかもあって色々楽しめました。しかもけっこう難しめのゲームも多いので、やりがいもありましたね。ミアのパートがかなり難易度高めなので、心して挑んで頂きたいと思います。チュートリアルにアドバイスが出たりもしますが、そうですね。それでも難しめなので私からもアドバイスめいたものを多めに書いておきたいと思います。

レギル編
・パラメータは命中と回避が大事。特に命中は必ずあげておきたい。
・特殊ボス戦は立ち絵のグラフィックの変化で、必殺技がくるかどうかがわかる。

エルミィ編
・武将選びは一騎打ちに強い武将を選ぶといい。剛腕のスキルがお勧め。
・敵兵数を減らすより、一騎打ちを選んでチクチク削ったほうがラクに勝てる。

グゼイド編
・敵がまとまってる時は技を温存して倒したほうがいい。
・特殊ボス戦はメッセージ枠内の顔グラで、どの攻撃が当たりやすいか判断できる。

ミア編
・兵士の行動パターンを覚えるのが基本。
・基本を守った上で、兵士の背後をついて移動するのが攻略の鍵。
・20~30回はやり直すことを覚悟しておくといいかも。


最終日も含めたゲーム全体に対して言えるのは、とにかくパターンを覚えることが攻略の鍵なので、適当にやるより覚えることを意識しながら(あるいはメモを取りながら)やったほうが早いです。というか、適当に闇雲にやってるだけだと、クリアは難しいかもしれません。最終日の特殊ボス戦は必殺技ポイントを常に多めに確保しておくと不測の事態に対処しやすいのでラクです。全体的に難しめのゲームですが、頑張ってください。最終日はなかなか盛り上がりますよ。

|

«ゆきどけのかぜ