« クラインポットの迷宮 | トップページ | call pure pain »

かげろうは涼風にゆれて

「かげろうは涼風にゆれて」言ノ葉迷宮
言ノ葉迷宮
タイトルをクリックでDLページに飛びます。

不思議な実験。その意味とは?

『引用含む説明』
夏の孤島を舞台にした、Windows用ホラーアドベンチャーゲームです。
(とはいえ恐怖表現が主でなく、「どちらかといえばホラー寄り」程度のニュアンスですが)
一周は30分~1時間ぐらい。
ENDは5つでキャラが影絵のゲームです。
恩人である博士の実験に手を貸すために、ひとり孤島を訪れた陽ノ原(ひのはら)。やがて彼は、博士の娘である青海(あおみ)とともに、おかしな事態に巻き込まれていく――。
複雑怪奇な状況と、不可解なゲーム進行がプレイヤーを待ち受けます。


『見所』
二転三転する驚愕のストーリー。
それを選ぶとどうなるのかという、魅力的な選択肢が多い。
真相が明かされていく過程が気持ちいいです。
会話を上下に分けるなど文章は読み易いです。

選択によってはこんな展開も。

☆驚愕の超展開ミステリーノベル
謎解きやミステリーというと殺人事件が多いのですが、本作はそういったものとは無縁の世界です。最初はよくわからない不思議な実験をして、狐につままれたようなENDになると思います。が、何度もプレイして色んな事を試すと選択肢が増えたりして、二転三転する驚愕のストーリーがプレイヤーを待ち受けることになります。これがもう、かなりぶっとんでて目が離せなくなるんですよね。示される謎はどれも魅力的で、この謎を解かずに寝られるかっていうぐらい、すごく引き込まれました。かなりシュールな超展開ですので、真相は強く知りたくなるのではないかと思います。

青海ちゃんとのキャンプは必見です。

影絵はポーズが変わったり、飲み物を頼むシーンでふざけると博士が突っ込んだりする、ゲーム全体の芸の細かさもグッドです。記憶の確認というシステムも面白いと思いました。トゥルーENDに辿り着くには常にベストの選択していく必要があって難易度はやや高めかもしれないので、アドベンチャーゲームとしても楽しめます。高めと言いましたが、作中にヒントが出るし、何度もプレイして理詰めで考えれば答えはわかると思います。作者さんの掲示板にもヒントがあるみたいだし、とにかくムダな選択肢を選ぶ余裕がないというのが私から言えるヒントです。カンのいい人なら一度読めば答えは推察できると思います。示される展開には驚きっぱなしなので、殺人事件などではない、少し不思議な謎解きを楽しみたいという方は是非プレイしてみて下さい。ゲームとしても物語としても非常によく出来ている作品です。

|

« クラインポットの迷宮 | トップページ | call pure pain »