« Succession of the Life | トップページ | EDGE RACER »

夏色のコントラスト

「夏色のコントラスト」Fly me to the sky!

タイトルをクリックでDLページに飛びます。

再会した彼女に思わず見惚れ・・・というシーンですw

『引用含む説明』
再会からはじまる出発の物語
高校2年の夏休み。
中学の時にクラスメイトだった女の子から
暑中見舞いが届いた。
そこに描かれていたのは色鮮やかなヒマワリ。
ふと、あの頃の記憶がよみがえる。
美術室の匂い。
使い慣れた絵筆の感触。
指先にこびりついた絵の具の汚れ。
波の音、潮の香り。
難しいことを考えなくても、
穏やかに過ぎていた時間。
その夜。
僕は、ハガキを片手に受話器へと手を伸ばす。
そして――
そして、僕は一人、
海へと向かう列車に乗っている。
夏休み。
再会からはじまる、小さな出発の物語。
●青春恋愛シリーズ第3弾
●8月、海辺の田舎町で過ごす3日間の物語
●プレイ時間は40分~1時間くらい
●今回は立ち絵にスチルまでついてます
●おまけもちょっぴり用意しました


『見所』
青春という題材を嫌味なく爽やかに描いてます。
甘酸っぱいテイストが絶妙に配合されてます。
文章は読みやすく、かなりわかりやすいです。
ヒロインの悩みなど暗さが程よいスパイスになってます。

水のかけは合いは外せないですねw

☆思い出は夏色に
ゲーム起動直後のタイトル画面では、ひまわりの絵とセミの声がのっけから物語を盛り上げてくれてます。また、物語本編にも田舎の夏の描写が随所に散りばめられていて、プレイヤーは夏の田舎に帰省、あるいは遊びに行ったようなノスタルジックな気分を楽しむことができます。民宿をやってる仲の良かったクラスメートと何日かを共に過ごすという内容なのですが、やり取りはベタベタしすぎず、心地よい距離感で甘酸っぱく描写されています。ちょっとした心の成長も、絵画技法の比喩などを織り交ぜながらいい感じに表現されています。

異性と並んで座るの図。こういうのっていい思い出になるんですよね。

キャラ作りとエピソードはどちらもしっかり作られていて、その組み合わせ方も巧みです。多くのゲームは違和感のあるキャラやエピソードが多少なりともあるものなんだけど、本作にはそれがありません。キャラもエピソードも過不足なく、また絶妙に組み合わさってる非常に調和のとれた作品なのです。この点は本当にお見事です。夏休みの思い出を爽やかなタッチで巧みに描いてるこの良作。内容は万人向けだし、口当たりは非常に良いので敷居は低いです。田舎の夏休みをお気軽に満喫してみて下さい。

|

« Succession of the Life | トップページ | EDGE RACER »