« 夜明けのマリアージュ | トップページ | BATTLE LINE —バトルライン— »

茜街奇譚

「茜街奇譚」 NO-HOPE
詩的廃屋
タイトルをクリックでDLページに飛びます(作者さんのHPです)。

同意です。基本的には優しくしたい、されたいものです。

『引用含む説明』
一周が1時間半~2時間ほどでENDは4通りあります。
立ち絵はありませんが、それを補う背景はけっこう凝ってます。
それは、人と鬼とが棲む街の物語。
東京の「茜街」という、
架空の街を舞台にした現代御伽噺(おとぎばなし)。
1つの長編と3つの短編が含まれています。

『見所』
卓越した文章は随所に読む快感をもたらします。
結界の絵や風鈴の音など演出も力が入ってます。
喜怒哀楽が詰まったクライマックスは目が離せなくなります。
おまけもなかなか上質な作りです。

人ならざるモノには色んなタイプがいるのです。

☆大人も楽しめる現代御伽噺
題材は怪奇ものですが、大人が読んでも十分楽しめます。物語は単純な勧善懲悪ではありません。人も鬼も懸命に生きてる姿が描かれています。望月の外見はくたびれた中年のおっさんなのですが、内面は芯が通ったナイスミドルです。コンビを組む姫乃はワガママなお嬢様ですが、天才的な陰陽師の素質を持っています。考え方や価値観など相容れない部分もあるけど、お互いをわかりあってるいいコンビなんですよね。

管理人お気に入りのシーン。最後の二行を読んだ瞬間は気持ちよかったです。こういう読む快楽が随所にあります。

色んなサイトで褒められてますが、文章はすごくいいです。単に文章が上手い作家さんは少なからずいますが、これほど心地よく心に響いてくる文章を書ける作家さんは滅多にいません。というか、同人フリーゲームではおそらくこの作者さんだけです。文章でここまでの快楽を味わえるというのは。さすがプロだなあという気がしました。このプロの技で料理された現代御伽噺、心地よい快楽が多々ありますのでじっくり味わってみて下さい。

|

« 夜明けのマリアージュ | トップページ | BATTLE LINE —バトルライン— »