« 死囁 | トップページ | かげろうは涼風にゆれて »

クラインポットの迷宮

「クラインポットの迷宮」ヴぁ部

タイトルをクリックでDLページに飛びます。

ファイアブラストとバブルアタックのコンボは鬼です。

『引用含む説明』
知略を駆使してバトルするゲーム
全16+1ステージで1時間ぐらいです。
シンプルなつくりの戦闘ゲーム。
戦略とスキル集めが要になります。

『見所』
簡単&シンプルですが、奥は深いです。
スキル集めやデッキの構築が楽しいです。
狙いの戦略が決まると気持ちいいです。
1~2時間でクリア出来ますが、内容は濃いです。

スターピースだけ出ませんでしたorz

☆手軽なのに高密度
クリアまで1~2時間ぐらいですが、かかる時間に比べると内容はかなり濃く、充実してます。気付いたら夢中になって(意地になって?)やってました。ルールは単純で敵のHPをゼロにすれば勝ちとなります。たったそれだけの事なんだけど、妙にハマっちゃうんですよね。負けてしまった場合、相手のデッキに勝つには、どういうデッキを組んで戦えばいいんだろうと、いろいろ考えさせられます。それで思惑通りに技が決まると「決まったぜー!」ってな感じで気分が高揚しますw サンダーのAPを精霊石or魔道師の魂で60~70にして瞬殺を狙うもよし。走馬灯とトロイの木馬を組み合わせてチクチク削るのもよし。ライフドレインで粘り勝ちを狙うもよし。光スキル複数と賢者の石で攻守に強いデッキを組むのもよし。いろいろ戦略が楽しめるんです。

脅威の攻撃力30! 敵がフラッシュビートを持ってたら即詰みですが(^^;)

デッキに最強の組み合わせはありません。どんなデッキでも対抗策が用意されています。例えばテンペストに命綱を組み合わせる瞬殺コンボは、相手も命綱を持っていたらタッチの差で負けます。それを封じる為に、走馬灯とトロイの木馬を使えばこちらがタッチの差で勝てますが、相手に奪魂を使われるとこちらが瞬殺されてしまいます。つまり、ある戦略には必ず対抗策というのがあって、完全無欠の戦略というのはどこにもない仕組みなのです。この辺の最強が存在しないバランスというのはとても上手く出来てると思いました。ただ、CPUのデッキは多少の融通があるものの、どんなデッキかはある程度固定されています。なので、運がよくないと勝てない相手というのはいません。スキルの数が少なくても工夫して戦略を練れば勝てたりします。こういった工夫をして弱いデッキで勝つというのも本作の魅力の一つです。運がよければ1時間でクリア可能なので、気軽にプレイ出来るというのも魅力だと思います。

|

« 死囁 | トップページ | かげろうは涼風にゆれて »