« 聖闘士辰巳~聖域十二宮の熱き闘い~ | トップページ | マジカルフィーリング2 »

Steel Rain

「Steel Rain」やなぎ

タイトルをクリックでDLページに飛びます。

試着室にて、照れた表情がグッドです。

『引用含む説明』
基本的に一本道ノベル。
ただ、戦闘シーンだけ選択肢があります。
短時間でプレイできる、ビジュアルノベルゲーム
荒み続ける世界。
その中で、裏として生きていた一人の少女が居た。
幼い頃より人を殺すことを教えられてきた少女は、
その小さな手で数多の命を奪ってきた。
しかし今は、殺し屋としてではなく一人の少女として――生きようとしていた。
――殺人者としての過去と思い描く理想。
――守ることと戦うこと。
――善と悪。
――愛することと、憎むこと。
様々なジレンマが押し寄せる中。
少女が選ぶ答えは――
○2時間程度でクリア可能な、ビジュアルノベルゲームです。

『見所』
時間制限選択肢がある戦闘は手に汗にぎります。
なので戦闘はかなり緊迫した盛り上がりがあります。
殺伐とした世界とほわんとした日常のギャップがいい感じです。
変なキャラ設定やネタなどなく、純粋に物語のみを楽しめます。

勉強を教え合うシーン。和む一幕です。

☆世紀末でささやかな幸せを願う少女
戦う少女というのはある意味、王道的な設定のようです。あずみとか最終兵器彼女とか数え上げたらキリがないかもしれません。ただ、フリーゲームでは意外とこの王道的設定を主題に使う作品は少ないのかもしれません。本作はそういった、王道的な設定に正面から挑んだ作品です。変なキャラ設定も濃いネタも一切なく、純粋に物語のみで勝負してます、こういう正面から取り組む姿勢はけっこう好きですね。さて、物語なのですが、非常にオーソドックスな作りでこれがなかなかハマります。脇キャラの配置やエピソードなどしっかりしてるので安心して読み進めることが出来ます。

去っていく男とは? 目の前の少女とは?

また、シンプルな勧善懲悪でもなく、けっこう愛憎にまみれたストーリーで、単純かつご都合主義的なハッピーエンドにはなっていません。悲しく切なく、だけど前向きないい終り方だなと思いました。ほんのりとした明るさと言いますか、燦々と照りつける太陽ではなく、月夜の優しさというか、小さな灯火に癒されるような感覚です。私はこういうのがけっこう好きです。戦闘シーンは丁寧で迫力があるし、日常のシーンは切なく和みます。世紀末的な世界で生きる少女の愛憎にまみれた切なくも温かいストーリー。とても真面目な作りなので、そういった雰囲気を楽しみたい方は是非プレイしてみて下さい。

|

« 聖闘士辰巳~聖域十二宮の熱き闘い~ | トップページ | マジカルフィーリング2 »