« 閉ざされた雪の中 | トップページ | キナナキノ森 »

TheSoulOfDracula

「TheSoulOfDracula」 SPIKY ZONE

タイトルをクリックでDLページに飛びます。

意外とやっかいな3面ボス手前。敵の出現パターンを暗記するか、距離をとって戦うのが吉です。

        『引用含む説明』
全6面 悪魔城ドラキュラ風アクションゲーム
7~10時間ぐらいのアクションゲームです。
アクションが苦手な場合は15~20時間ぐらいかかるかもしれません。
悪魔城ドラキュラ風、ステージクリア型2Dアクションゲームです。
全6面。ステージセレクト機能つき。


『見所』
痺れるようなアクションが堪能できます。
一瞬も気が抜けないボス戦は、ものすごく緊張感があります。
良いBGMが多く、ゲームにとても合ってます。
ボスを撃破した時、これほど嬉しかったゲームはありません。

ここも難関です。コウモリの突撃パターンは3種類あって正面にきた時はおそらく避けるのは不可能で、喰らう直前に右を向けば左へ飛ばされるので、下に落ちなくてすみます。・・・が、タイミングはものすごくシビアです。

☆心が折れたら日を置いてプレイを
難易度はとても高いです。特に後半はかなりの鬼仕様で、上のSSのコウモリの場面などは自作改造マリオ並みの難しさです(運良く正面に来なければラクですが)。全体的に難しいゲームなので、アクションが苦手な人は心して挑んで下さい。逆に、アクションが得意な人は三重丸をつけてお勧めしますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。なんて、難しさを強調してしまいましたが、オートセーブでステージセレクトができるので、何度もやってればその局面の攻略は見えてくると思います。私は初回プレイ時は20時間程かかりましたが、二回目はおそらくその半分ほどでクリアできると思います。パターンを見抜けばサクサク進めるので、難所をノーダメージで突破した時の喜びはけっこうありました。

一面のボスからして、けっこうな強さです。面倒な場合は肉弾戦推奨w

本作の醍醐味はやはりボス戦でしょうか。一瞬たりとも気が抜けない、ひりひりと焼け付くような緊張感の中でやるかやられるかのガチンコバトル。これがもうアクションゲームの真髄というか、息詰まる戦いがすごく楽しかったです。特にボスをもう少しの所まで追い詰めると、「あとちょっとだ! 絶対に負けてたまるか!」という気分になりやすく、盛り上がること必至です。気分は絶対に高揚すると思うので、ぜひこのスリリングな快楽を味わってみて下さい。ボスを追い詰めた時は、負けても自分はよくやった、ナイスファイトだったと思える(かもしれません)。もちろん、勝った時はかなり嬉しく「イヤッホーー!」とか「やったよママン・・・!」とか、あるいはDBで悟空がピッコロ大魔王を倒した時みたいな感涙モノの喜びがあると思いますw ボスを倒した時、私が初めて部屋で叫んだゲームでしたw 何度も死ぬと心が折れる確率は高めなので、そういう時はあまり意地にならず日を置いて再挑戦することをお勧めします。ラスボスを倒した時はかなりの達成感がありますよ!

私が挫折しなかった証拠です。ラスボスを倒した瞬間は「どーだ! 参ったか! おととい来やがれコノヤロー!」って感じの事を部屋で叫びましたw

道中は自力で頑張ってもらうとして、ボスの攻略だけちょっと書いておきますね。

【一面のボス】
3枚目のSSの通り、手が円の動きの時に飛び越せばダメージを食らいません。武器はたぶん十字架のほうがラクです(確実にニ撃与えられる)。面倒なら力押しでやっつけましょう。力押しで撃破できる唯一のボスです(^^;

【二面のボス】
敵が上がるタイミングに合わせて、敵の体当たりはジャンプでかわしましょう。かわした直後にムチを叩きこむパターンでOKです。万一距離を取られたら、近付いてムチを当てるより短剣を投げたほうがいいです。言葉にすると簡単だけど、かわす⇒攻撃は連続操作が必要で、一瞬も気が抜けません。

【三面のボス】
敵の当たり判定があるのは顔だけなので注意して下さい。敵が立ってる時は足場に乗ってムチを当てることも可能ですが、上からの瓦礫をかわしにくくなるので無理は禁物です。ひたすらかわす、確実に斧を当てる、敵が岩を拾った時に近付いてムチを当てる、の持久戦のパターンでいいと思います。投げてくる岩は状況をみて端でかわすか跳ね返りが届かない距離でかわすか、上からの瓦礫も気にしつつ瞬時に見極めて下さい。

【四面のボス】
常に距離をとる事が重要です。距離をとって敵に大きなジャンプをさせて、下をくぐってまた距離をとって下さい。敵に小さなジャンプをされるとくぐりにくく、小ジャンプの直後に近付かれて追い詰められると敵の槍が必中になります(涙)。敵が投げる槍はしゃがんでかわしましょう。やっかいなのは槍を拾った時に飛んでくる鎖鎌ですが、これはなんとかタイミングを予測して破壊を狙って下さい。鎖鎌をかわすのはちょっと難しいです。攻撃は十字架頼みになりますが、隙があったらムチを叩きこんで下さい。ただ、あまり調子に乗って何発もムチを当てるのはやめたほうがいいです。一撃離脱ぐらいの心構えでちょうどいいです。

【五面のボス】
前哨戦はダメージを与えることができないので御注意を。本番の湧き出る鎌は破壊したり避けたり、状況に応じて対応して下さい。青い敵はジャンプか下をくぐるかでOKです。投げてくる鎌は・・・いや、攻略は私が教えて欲しいぐらいです。「これ、必中じゃね?」と思うほどムズイです(ノω・。) 破壊できるかどうか、私は試してないのでわかりません。なんか攻略になってないですね。すみません。私は投げてくる鎌は喰らうこと覚悟で近付いてムチを連打してました。主人公キャラの斧はタイミングがよければ一回でニ撃与える事が可能ですが、欲張るよりは湧き出る鎌に確実に対処したほうがいいと思います。青い敵と湧き出る鎌をどれだけ避けられるかが勝負だと思います。

【ラスボス】
ここまで来た人なら攻略なんか不要だと思います(あまりネタバレするわけにもいかないですしね^^;)。敵の攻撃の種類は多いですが、実は避けかたはそれほど難しくありません。ですので、ぜひ自分で攻略パターンを見つけてみて下さい。大丈夫。あの難しい道中を全て突破してきた貴方なら、絶対に自分の力だけで勝利を収める事ができるはずです!


・・・・・・と、上の攻略を読んでも、それでもどうしても勝てないという方はタイム連打を使ってみて下さい。ちなみに私は五面のボスだけ、やむなく使わせてもらいました(_ _|||) でも、ラスボスはなんとか根性で倒したので使ってません(個人的には五面のボスのほうが強かったような気がします・・・)。疲れたらあまり無理せず、ちょっとずつ攻略していったほうがいいと思います。

|

« 閉ざされた雪の中 | トップページ | キナナキノ森 »