RPG

金のなる木

金のなる木火筒さしゃ

タイトルをクリックでDLページに飛びます。7
獲得率稼ぎに便利なマジックバルカンです。

『概要』
8~12時間ぐらいのRPGです。
目的はただ一つ。目の前のラスボスを倒す事。
戦闘中心のやりこみ型作業ゲーです。
キャラ育成、スキルを駆使した戦闘、
歯応えのある難易度をお求めの方にオススメです。

シナリオ・ストーリー要素、探索・冒険要素を
お求めの方にはオススメ出来ません。

『見所』
面倒な移動が一切ありません。
面倒な謎解きも一切ありません。
ひたすらPTを育てて強くしていくのが面白いです。
やりこみ要素がいっぱいあります。8
キャラの外見や名前や職業はいつでも選び直しが出来ます。

☆この木なんの木 気になる木
木は背景ではありません。ラスボスですw これをラスボスにするのがユニークですよね。でも本作はユニークなだけでなく、ゲームとしてもしっかり作りこまれています。面倒な移動や謎解き要素が一切なくマップも一画面しかなく、ひたすら戦闘と育成を楽しむというゲームです。ここまで徹底されると逆に感心しちゃいますよね。いや、短編RPGなら一画面のものもたまにあります。でも本作は中編RPGなんですよね。よくこれで中編RPGを作ろうと思ったなあと、作者さんの着想は面白いと思いました。本作の一番の見所はなんといっても育成です。これがなかなか奥が深くて、けっこう時間を忘れてハマりました。お目当ての武器や防具やスキルをゲットすると思惑通りの展開になって、戦闘での手応えや育成計画がすごく楽しかったです。左下の音楽家から何時でもBGMを変えられるので、これも良かったですね。まずはお気に入りのBGMを見つけることから始めてみてください。5
右側の光っている場所は無料回復所です。

初めてプレイする時はおじいさんの話を全て聞いたほうがいいと思うのですが、面倒なら攻略だけ読んで、後は必要に応じて聞く感じでもいいと思います。メニュー画面の「ゲーム説明」も重要な事が書いてあるので、そちらも目を通しておくといいです。おじいさんのアドバイス通り最初はボーナス箱を狙いましょう。ボーナス箱とはメタルスライムみたいな存在です。ボーナス箱が出るまでは防御でもいいのですが、みね打ちで獲得率UPのほうがお勧めです。獲得率が上がれば木を叩いてもらえるお金が増えますので、まずはお金を稼いで仲間をゲットしましょう。騎士で始めた人は攻撃タイプの戦士か魔導士、それ以外で始めた人は守りの堅い騎士がお勧めです。ここまでが少し地味な作業なのですが、本作が面白くなるのは仲間を揃えて、木の初期戦闘力が1000を超えた辺りなんですよね。ここから色んな武器や防具やスキルをゲット出来るので、すごく楽しくなってくるんです。最低でも、是非ここまでプレイしてみてください。けっこう劇的に面白くなりますので。ラスボスの最終形態はかなりやりがいがありますよ。3
ボーナス箱を全体攻撃で一掃するのは気持ちいいです。

ゲーム内にある説明や攻略を少し書いておきますね。
・パルプ〇テは所持金が倍増する効果もあるが、半分に減らされる効果もある。堅実にいくなら所持金は銀行に、倍額狙いなら銀行に預けないほうがいい。
・スキルはCP分だけ装着できる。CPはレベルが上がれば増える
・敵を倒しても経験値はもらえず、レベルアップはお金でする。
・TPとは活力で、勝手にたまっていく。これを消費するスキルもある。
・TP消費スキルで戦いたい場合はTP回復やTPチャージ増加、TP持ち越しなどのスキルをあわせて使いたい。
・初期戦闘力=過去の戦闘で記録した最大戦闘力の1/3になる。初期戦闘力をおさえたい場合はこれを目安に。
・中盤の入り口辺りでは「常時かばう」のスキルがお勧め。騎士に盾を複数装備させてガチガチにするとダメージはほとんど喰らわない。
・獲得率稼ぎはマジックバルカンが便利。最大MP増加の指輪や、MP回復や消費MP半減のスキルなどもあわせて無限に使えるようにしたい。
・終盤はマジックバリアやフィジカルバリアが有用。これも無限に使えるようにしておきたい(いてつく波動には注意)。
・やり込み要素はクリア後、おじいさんからアドバイスがもらえるので、最初は普通にクリアしたほうがいい。

| | トラックバック (0)

はじめての宿屋さん

はじめての宿屋さんカナオ
てりやきトマト
プレイにはRPGツクールVXAceが必要です。
タイトルをクリックでDLページに飛びます。8
上手く経営していきましょう。

『概要』
5~6時間ぐらいのRPGです。

死んだ祖父の遺した、
幼いころの思い出が詰まった宿屋――。
その復興のため、少女は勢いだけで
宿屋経営の道へ足を踏み入れることに。
プレイ時間5~6時間前後の宿屋経営型RPGです。

宿泊料金や営業方針を適切に設定し、
新たな施設を増設し、新しい従業員を雇い……。
50週間の限られた期間で宿屋を大きくしましょう!

宿屋の周りのダンジョンを攻略し、
周囲の安全を確保することも経営者の仕事です。
雇った従業員と共にボスモンスターを倒しましょう!

宿屋経営とダンジョン攻略をうまく両立させましょう。
最終評価を意識したやりこみプレイも可能です!
ただし、オールAをとるのは簡単ではないかもしれません……!?

『見所』
宿屋経営とRPGの組み合わせが面白いです。
一度クリアしても再プレイしたくなる魅力があります。
やり込みに充実感があります。
全体的なゲームバランスがグッドです。9
後半のザコ敵は状態異常を使われる前に倒すのが吉です。

☆宿屋経営RPG
宿屋経営とRPGがミックスされたゲームです。50週という期間が設けられていて、プレイ前は期間がないほうがやり込みやすいと思いましたが、逆でした。期間があったほうがやり込みに燃えるんですよね。このゲームに期間を設けたのは成功だったと思います。限られた期間内で、どんな風に効率よくプレイするのがいいかを考えるのがとても楽しかったです。一度クリアしましたが、余裕で二回目に挑戦してしまいました。それぐらい面白かったです。最初は予備知識なしでプレイして、二回目はやり込みを目指すというのがお勧めの遊び方です。
7_2
従業員は複数います。

RPGの楽しさとしては、ボス戦が面白かったですね。お金は宿屋収入の他にボス狩で稼ぐのですが、最初は強敵でもレベルがあがるとラクに倒せるようになるので、その過程のバランスが良いというか、仲間や装備やレベルを充実させてパーティを強くする楽しさというのがすごくありました。この辺は非常に上手く作られてると思います。裏ボスや宿屋にやってくる刺客がいたのも良かったですね。初見で勝つのは難しいですが、慣れれば勝てるようになります。移動の際にワープゲートがあるというのも地味な美点で、従業員との会話はけっこうほのぼのしてて和みました。個人的にはオリカとの会話が面白かったですw ゲーム全体の難易度も程良く設定されていて、初めてプレイした時は赤字でゲームオーバーになったりもしましたが、慣れれば宿も大きくなるし仲間も強くなります。初回は普通に楽しみ、二回目は是非オールAを狙ってみてください。

|

Ruina 廃都の物語

Ruina 廃都の物語枯草章吉
ダンボールの神様
プレイにはRPGツクール2000 RTPが必要です。
タイトルをクリックでDLページに飛びます。
01
酒場で好きな仲間を誘いましょう。

『引用含む説明』
8~12時間ぐらいのRPGです。
町の近くの森で見つけた、不思議な洞窟の入り口。
主人公は何者かの声に誘われるかのように、洞窟の奥を目指し始めた。

そして、世界は物語に侵食されてゆく――。

やたらと大きくなる話のスケール。
でもやる事はずっとダンジョン潜り。
あなたは結末を見ることができるか?

地図の空白を埋めながらプレイする、ゲームブック的なRPGです。
ごく一部にホラー表現あり。


『見所』
ゲームブック風の演出がユニークです。
キャラごとのエピソードが豊富です。
調理や採集や謎解きが楽しいです。
移動が非常にラクです。
ゲームバランスが非常に優れてます。
02
特定の場所では選択肢が出たりします。

☆古の廃都の記憶
ゲームブック風のRPGです。移動は画面上の行きたいポイントを選択するクリッカブルマップ方式なので非常にラクです。RPGにありがちな、目的の場所がわからずウロウロ迷うというのがなかったので、そこはすごく助かりました。こう書くと探索の楽しさがなさそうに思うかもしれませんが、そんな事もないです。マップは少しずつ解放されるシステムだし、ゲームブック風の絵と文章での演出が上手かったので、探索的な面白さも十分堪能できました。ホラーテイストなシーンはけっこうゾクゾクきましたね。悪夢の場面なんか「うわー!」と心の中で叫びそうになるほど怖かったです。謎解きも面白かったですね。ゲームのヒントが過去の書物に書いてあるので、推理して役立てるのが楽しかったです。
03
基本は三人パーティーで、四人目はゲストか召還キャラを使いましょう。

仲間になるキャラは何人かいて、それぞれエピソードを持ってます。主人公の生い立ちによっても変わってくるので、この辺の奥深さも良かったですね。クリアしても、次はこの生い立ちの主人公でこのキャラのサブストーリーを見ようとか、そういう楽しみがあるんです。他のゲームに比べると周回プレイの幅は大きめだと思います。ゲームのマップは大きくいくつかに分かれていて、それぞれにクリアボーナスが設定されてます。(ボーナスポイントはイベントでもゲットできます)。宿屋に泊まる回数(=日数)によってボーナスが変わるので、少ない日数でのクリアを目指すことになるのですが、回復できないのは辛いです。でも、そこで役に立つのが調理スキルなんですよね。料理を作って回復しながら粘るというのがなかなか楽しめました。釣りや採集や調合は取ってつけたシステム感もなかったのでゲームの重要な要素になっており、とても上手く活かされてると感じました。ゲームバランスがすごく優れている万人向けのRPGです。

|

ADVINITY

ADVINITY摘草
Banner

タイトルをクリックでDLページに飛びます。03_2
硬いメカは連続攻撃で一気に攻めましょう。

『概要』
20~30時間ぐらいのRPGです。
マルチシナリオとドット絵によるフルアニメーションバトル、豪華声優陣による
キャラクターボイスがウリのちょっと変わったRPGです。

グロが苦手な方はご注意ください。

『見所』
オリジナルのシステム
ドット絵によるフルアニメーションバトル
アニメティックなキャラクター、シナリオ
豪華声優陣によるキャラクターボイス
ルートによってそれぞれ内容の異なるマルチシナリオ
02
なぜこう聞かれたのかは本編でご確認ください。

☆贅沢フリーRPG
内容盛りだくさんのRPGです。まず驚いたのがプロの声優さんを使ってることです。ふつう同人ゲームは同人の声優さんを使うものだと思うのですが、このゲームはプロの方を使ってるんですよね。ここは驚きましたし、本作の大きな魅力の一つになってます。タイトルから飛べる紹介ページに声優さんの一覧を見ることが出来るので、好きな声優さんがいたらプレイしてみるのもいいと思います。豪華声優陣というだけでも、作者さんの本作に賭ける意気込みというか情熱というか、クオリティの高いゲームを作ろうという心意気が伝わってきますよね。これがフリーゲームなのだから、非常に贅沢な感じはしました。
01
謎解き、パズル的な要素もあります。

戦闘はボタンを押してコンボを決めていくタイプのもので、上手くコンボが決まるとスピーディーに進むので気持ちいいです。失敗しても敵の攻撃をガードしたり避けたり出来るので良いフォローだと思いました。他にもターンを消費しないアドスキルやリンクドライブや変身という要素があって、戦闘はなかなか凝った作りになってます。リンクドライブを発動するとカットインの絵が入るのですが、複数のリンクドライブを組み合わせると出るリンクフィニッシュの時は絵が大きくなって、こういった演出は好きでしたね。戦闘前にキャラが喋ったりするのも地味に良い演出だと思いました。ストーリーも後半にかけて盛り上がりましたし、魅せ方というのはなかなか良かったです。そうそう、マルチエンドというのも忘れちゃいけない美点ですね。最初はわりと暗めのエンドなのですが、ストーリーが解放されていく後半は前半気になっていた部分が解消されて面白かったです。ストーリーをやり直すのも分岐の直前に飛べるのでコンプしやすくなっていて、とても良い仕様だなあと思いました。是非全てのストーリーを見届けてください。書ききれないほど内容盛りだくさんのRPGです。

|

東方ライブアライブ

東方ライブアライブ コーキー
東方ライブアライブ公式
ゲームをプレイするにはRPGツクール2003RTPが必要です。
01
東方ファンならクスリとくる場面も。

『概要』
8~12時間ぐらいのRPGです。
シナリオセレクト採用の新感覚 東方二次創作RPG!

『見所』
舞台も境遇もバラバラな物語がいくつも存在。
各編ごとにシステムまで違う。面白さも多彩だ。
ただしミニゲームの集合ではない。奥が深いぞ
!
本家ライブアライブを擬似的に楽しめます。
02
最終章は4人PTとなります。

☆あの世で俺にわび続けろ!○○!!

ライブアライブを東方キャラでリメイクしたゲームです。ライブアライブって何? 東方キャラって何? という方でも楽しめますのでご安心下さい。もちろん、知っていればより楽しめます。ゲームはオムニバス形式の短編or中篇シナリオがいくつかあって、それをクリアすると新たなシナリオが出て、最後はそれまでの主人公が勢揃いするというのが大まかな流れです。この最後に勢揃いというのがいいんですよね。プレイヤーは最初に用意されてるそれぞれのシナリオをクリアすることで、キャラクターに愛着が沸くのです。だから脇役というのがなく、勢揃いする終章はすごく楽しかったです。全員を育てたいなあと思いましたし。03
7人の絵師さんがキャラクターデザインをしてます。

ストーリーは細かい部分の違いはありますが、概ね本家ライブアライブを踏襲しています。名シーンもバッチリ再現されてるので、シナリオは面白かったです。本家をやったことがない方はもちろん、本家プレイ済の方でも細部が違ってたり、または懐かしいシーンがキャラが再現されてたりするので、「おー! このシーンは! このキャラは!」なんて盛り上がれると思います。私は盛り上がれましたw 欝的な展開もあって賛否ありますが、私はこのシナリオは好きですね。シナリオも楽しんでほしいので出来れば予備知識なしでプレイすることをオススメします。音楽も本家の名曲が再現されていたりして、そこも良かったですね。「MEGALOMANIA」はファンも多い素晴らしい名曲なので、この名曲を知らない方はぜひ堪能して頂きたいです。

|

ルインズワルド

ルインズワルドはきか
GAME GEOMETRY
プレイにはRPGツクールVX RTPが必要です。
タイトルをクリックでDLページに飛びます。02
この敵はストリングバインドを使うと倒しやすいです。

『引用含む説明』
クリアまで15~25時間ぐらいです。
滅んだ世界「ルインズワルド」に唯一生き残った人間の少女ラニエが、謎の猫カイツと共に希望を求めて旅に出るお話です。

『見所』
いつでも転職が可能でコストもゼロです。
職とスキルの数が非常に多いです。
BGMの全てとグラフィックの多くがオリジナルです。
隠しボスが多彩でクリア後の楽しみが充実してます。
03
物理と魔法のどちらもいける攻撃的クラス、バトルメイジ。

☆滅びの世界の生存者
滅びの世界で唯一生き残った人間であるラニエは毎日を寂しく過ごしています。そんなラニエの元に、あるとき一匹の不思議な猫が訪れ…というのが物語の始まりとなります。ストーリーは前半がロードムービー的なノリで後半は謎が解明されていくストーリーの核を楽しむという構成になってます。前半は旅の道中を楽しみ、後半は謎の解明を楽しむ感じでしょうか。道中の会話もストーリーの核心部分も、どちらもけっこう面白かったです。またゲームとしても寄り道に新たな職(クラス)があったりアイテム取り放題の不死の洞窟があったりと、ゲーム的にも飽きさせないような工夫があったりします。シンボルエンカウントで動きの早い敵は避け辛くやや面倒ですが、高速戦闘完備というのがフォローになってると思いました。旅の行程は長めなので、寄り道を楽しむつもりでプレイするのがお勧めの遊び方です。
01
クールな猫、カイツ。その正体とは? 目的とは?

本作の一番の見所はなんといっても豊富な職とスキルですね。転職はコストなしで好きな時に好きなだけ行えるので、ストレスなくクラスチェンジを楽しめます。基本職を複数取ると上級職が解放されて上級職は便利で強力なスキルが使えたりします。そうやってキャラを、パーティを成長させていくのがすごく楽しいんですよね。このキャラにこのスキルが欲しいからこの職を経験させるかーとか戦略を考えるのが面白かったです。一つの職を極めるとちゃんと極めた履歴が残るので強くなっていく充実感というのもありました。全てのBGMと多くのグラフィックが作者さんの手作りで、オリジナリティがあったのも長所の一つです。最初の道のフィールド曲、ラニエのテーマはすごくいい曲ですよ。絵や音楽にオリジナル要素を求める方や、クラスチェンジでキャラを強くしていくのが好きな方にはお勧めのRPGです。

アドバイスを少し書いておきますね。
・序盤の蛇の洞窟では必ず「ブーメランド」を取っておいたほうがいい。全体攻撃はかなり重宝する。アサシンの「必殺」と組み合わせるとより美味しくなる。
・ニンジャの「猛攻」は早めに取りたい強力なスキル。中盤以降になるが、バーサーカーの「縦横無尽」もあると便利。
・不死の洞窟は階層が深くなるほど良い宝が出てくるし、デスペナもないのでちょくちょく寄って宝を取っておきたい。
・クリア後のCP稼ぎは裏熟練者の洞窟がお勧め。一枚目のSSの通り、転身する熟練者を狩るのがいい。スキルは「熟練者狩り」ではなく「ストリングバインド」と「神々の声」を使ったほうが早いし確実。攻撃力が高ければ「ストリングバインド」だけでもいける。

|

一週間戦争

一週間戦争CAT END TURN

タイトルをクリックでDLページに飛びます。
プレイにはRPGツクールVXRTP が必要です。
01
エルミィ編では部隊を使った集団戦となります。

『引用含む説明』
クリアまで15~25時間ぐらいです。
CETフリーゲーム第四弾はシミュレーションRPGです。
4人の主人公から選択し、全く違うシステムのゲームを楽しむ事が出来ます。
当然違う視点からなので、4人全員やると全貌が見えてくる感じに纏めました。

シリアスなストーリー系のシミュレーションRPGですので年齢層は高めです。


『見所』
ストーリーが骨太でしっかりしています。
4人の視点を絡み合わせるという演出が面白いです。
絵がものすごく多く、差分込みで200枚以上あります。
ゲーム内ゲームの種類が多いです。03
管理人お気に入りの一枚。ミアがなぜ泣いてるのかは本編でご確認ください。

☆One week war
紹介ではシミュレーションRPGとなってますが、ゲーム的な作りで言えばミニゲームの集合体といったほうが近い表現なのかもしれません。中世とか戦争とかストーリーはすごくRPGっぽいんですけどね。四人の主人公がいて、それぞれの視点から一つの戦争を見つめることになるのですが、主人公達には様々な背景があって視点の違いが面白かったです。ストーリーは重厚かつ意外性があって、なかなか楽しめました。絵は差分込みで200枚以上あって、効果的な挿絵が入るのでストーリー面も相乗効果で盛り上がるんですよね。よくもまあこんな大量の絵を描いたなあと、作者さんの努力に感服しきりです。話はすごく長いですが、話自体は面白かったし、豊富な絵というのも飽きさせない長所なのだと思います。02
舌戦なんてのもあります。

多いといえばミニゲームもすごく多いんですよね。普通のRPG風戦闘だったり集団戦だったり、かくれんぼや鬼ごっこ、拠点防衛の戦いや舌戦なんかもあって色々楽しめました。しかもけっこう難しめのゲームも多いので、やりがいもありましたね。ミアのパートがかなり難易度高めなので、心して挑んで頂きたいと思います。チュートリアルにアドバイスが出たりもしますが、そうですね。それでも難しめなので私からもアドバイスめいたものを多めに書いておきたいと思います。

レギル編
・パラメータは命中と回避が大事。特に命中は必ずあげておきたい。
・特殊ボス戦は立ち絵のグラフィックの変化で、必殺技がくるかどうかがわかる。

エルミィ編
・武将選びは一騎打ちに強い武将を選ぶといい。剛腕のスキルがお勧め。
・敵兵数を減らすより、一騎打ちを選んでチクチク削ったほうがラクに勝てる。

グゼイド編
・敵がまとまってる時は技を温存して倒したほうがいい。
・特殊ボス戦はメッセージ枠内の顔グラで、どの攻撃が当たりやすいか判断できる。

ミア編
・兵士の行動パターンを覚えるのが基本。
・基本を守った上で、兵士の背後をついて移動するのが攻略の鍵。
・20~30回はやり直すことを覚悟しておくといいかも。


最終日も含めたゲーム全体に対して言えるのは、とにかくパターンを覚えることが攻略の鍵なので、適当にやるより覚えることを意識しながら(あるいはメモを取りながら)やったほうが早いです。というか、適当に闇雲にやってるだけだと、クリアは難しいかもしれません。最終日の特殊ボス戦は必殺技ポイントを常に多めに確保しておくと不測の事態に対処しやすいのでラクです。全体的に難しめのゲームですが、頑張ってください。最終日はなかなか盛り上がりますよ。

|

Margikarman

Margikarmanゆうやけ
Margikarman
タイトルをクリックでDLページに飛びます。
プレイにはVXaceRTPが必要です。
01
通常戦闘は高速モードが便利です。

『引用含む説明』
現代/RPG/幽霊/異界/学園/夕暮れ/
和風/写真/カメラ/蝉/蛍/祭り/温泉/鈴虫

◇戦闘難易度:低め
◇プレイ時間:7時間~
◇必要なもの:VXaceのRTP

死者の世界と現世を行き来しながら、己の死と向き合う主人公たち。
異界×学園を主軸とした探索型RPG。


『見所』
写真とイラストが上手く融合してます。
戦闘や会話などのアイテム入手機会が多めです。
落ち着いた雰囲気が心地良いです。
サブストーリーやミニゲームなどもあります。03
実写とイラストがマッチする世界観です。

☆死と向き合う物語
自分の死をどう受け入れていったらいいのか? どう受け入れるべきなのか。死というのは受け止め方が様々であり、どんな風に受け止めるかは人によって違います。本作はそんな色んな登場人物の死との向き合い方を描いたRPGです。テーマが重いので暗い話もありますが、雰囲気は悪くないんですよね。むしろ落ち着いた感じでギャグテイストもあるので、クリア後ウツになるような事もなく面白かったと思えるはずです。実写とイラストの組み合わせが上手くまとまってるので、演出やデザインはおしゃれっぽくなってます。そういう演出も手伝って、シナリオ面での雰囲気はRPGというよりノベルゲームに近いかもしれません。
02
サブストーリーも充実していて、クリアすると報酬があります。

本作は全回復する宿屋的なものがないのですが、アイテムの入手機会も多いし、装備品で回復が出来るのでRPGとしての難易度は高くないです。というか、紹介にもある通り低めなのだと思います。中盤、HPが減ってきた頃には回復可能な装備品を手に入れる事が出来るので、HPに困ったら歩き回ったり雑魚敵と戦闘するのがいいです。会話でアイテムを入手しやすいというのも嬉しかったですね。こういう仕様があるので、モブキャラと会話して情報収集するのもそれほど面倒には感じませんでした。ここは長所に挙げていいポイントだと思います。次にどこへ行けばいいかというヒントは常時確認できるので、迷う事もありません。画面上に表示されるイベントマークを見落とさないよう目を皿のようにしていれば大丈夫です。RPG部分のハードルが低くシナリオや演出に力が入ってるので、雰囲気に酔うことを楽しみたい方に向いてる作品なのだと思います。

|

SEAL FOREST

SEAL FORESTにゃんころ
にゃんころ部屋
タイトルをクリックでDLページに飛びます。02
FOE(中ボス)はたくさん出てきます。

『引用含む説明』
20~30時間ぐらいのRPGです。
6人でパーティを編成してダンジョンを探索するゲームです。持ち帰った素材で装備を強化して更にダンジョンの奥へ・・・、そんなゲームです。

『見所』
選べる職が多くパーティに個性が出やすいです。
RPGながら、難しいのでやりごたえがあります。
武器や防具の強化&錬成が楽しいです。
マスタリーを極めていく成長システムが面白いです。03_2
12種類のジョブから、5人仲間を選びましょう。

☆RPGの楽しさとは戦闘や成長である
そして楽しければストーリーは無くても大丈夫! 多少難易度が高くても気にしない! ……という意見に賛同できた方は、このゲームに向いてると思います。私はどちらかといえばストーリーがあるほうが好きだし、サクサク進むほうが好きなのですが、ストーリーが絶対必要と思ってるわけでもないし、多少難易度が高くても「やってやろうじゃないか」という根性もそこそこあるので、本作はとても楽しめました。このゲームはややマゾ向けのダンジョンRPGかもしれませんw とまあ、のっけから少し敷居が高いみたいな事も書きましたが、そんな極端に敷居が高いわけでもないです。ザコ戦であっさり全滅したりもしますが、ゲームに慣れて注意深く進めていけば簡単に全滅したりはしません。FOEの乱入と特異個体とカウンタースキルに注意せよ、という金言を守ればたぶん大丈夫です。01
報酬がもらえるクエストがあったりもします。

このゲームの面白さはやはり、戦闘や成長にあるのだと思います。RPGの基本要素ですよね。それがすごく楽しいんです。レベルアップはポイント振り分け制で、パラメータをアップさせたり好きなスキルを習得できたりと、個性が出せるのが楽しかったです。武器や防具や装飾品はお金をかけて派生させていくシステムで、序盤は一つの系統しかありませんが、中盤(10F以降)から本格的に楽しくなってきます。選べる職も多く、自分好みのパーティを作れる点も良かったですね。一つの職から男女一人ずつ選べる点も良かったです。戦闘はザコ敵がけっこう強いので、油断するとあっさり死んでしまうというのが緊張感がありました。序盤はやや単調でしたが、このゲームが本当に楽しくなるのは装備の派生が解放され、スキルも増える中盤からなのかもしれません。パーティを育てたという実感はけっこう味わえるので充実感はけっこうありました。難易度は多少高くても大丈夫、ストーリーは無くても平気、RPGは戦闘や成長が面白ければOKという方は気軽に手にとってみて下さい。

攻略も少し書いておきますね。
・店で買物するとき右を押せば品物が切り替わるので、宝珠や武器防具を購入することは可能(私がこれに気付いたのは10Fを過ぎてからでしたw)
・道に迷ったらシステムからマップの確認が可能。
・図鑑では敵の強さ(=何に弱いかなど効果的な倒し方)を調べられる。
・特異個体は危険な敵なので、色違いの敵は特に注意したい。
・戦闘は素早さが命。装備や成長はAGIやMOBを重視したい。
・10、20、30のボス直前(周辺)にはセーブポイントがある。
・FOEはたいてい動きにパターンがあるので、動きを読んでザコ戦に乱入されないよう常に注意を払っておきたい。

|

らぶいずふぉーえばー?

らぶいずふぉーえばー?Jewelry Princess

タイトルをクリックでDLページに飛びます。
プレイにはRPGツクールVXランタイムが必要です。
01
良くも悪くも思春期真っ盛りの主人公です。

『引用含む説明』
一途(?)な少女と教師のちょっぴり複雑な愛の物語

RPGツクールVX製
プレイ時間は後日談を含めて3~4時間程度です。
エンディングは全5種(バッドを含む)


『見所』
イラストがとても可愛いです。
マップが小さめなので迷う事がありません。
何気ない設定にも意外な理由があったりします。
衝撃の結末が待ってます。04
可愛らしい乙女なタイトル画面。

☆それでも愛が欲しいから
チョコレートと先生が大好きな主人公の女子高生は、今日も元気に先生をストーカーしています。そんなちょっとおバカな主人公の元にあるメールが届いて…というのが物語の始まりになります。と、導入部は事件っぽいのですが、ノリはおバカなギャグ路線です。作中に小ネタも多く傍若無人な主人公の毒舌ツッコミはなかなか笑わせてもらいました。ポスターを破いたりバケツを壊したりも楽しかったですし、戦闘終了後にもらえるお金をカツアゲと言い切ってしまうのも面白かったですw 本作はマルチエンドなのですが、序盤に見る事の出来るエンドの2つは終始こういうギャグのノリなので、微笑ましく楽しめました。でも、本作の醍醐味はむしろ後半に見る事の出来るエンドにあるのかもしれません。
03
絵は可愛く表情も豊かです。

後半のエンドは前半のギャグ路線がふっ飛ぶような鬱ストーリーで驚きましたね。謎が少しずつ解けていく度に「え?」→「ええ・・・?」→「えええ?!」って感じで、衝撃的な事実が次々と明るみになっていくのですが、これがまあなかなか重い出来事でありまして・・・。プレイしていて目が離せなくなりました。明るさと暗さが上手く書き分けられているのでストーリーは面白かったです。本作はマルチエンドではあるけど、マップもストーリーもほぼ一本道だし、作中にヒントも出るので普通にプレイするだけで最終エンドに辿り着ける作りになってます。ボスが少し強い印象はありますが、回復やドーピングの各種アイテムを上手く使って切り抜けましょう。真実は残酷でやや大人向けの内容ですが、何気ない設定にも意外な理由があったりするのが面白かったので、是非全ての真実に触れてみて欲しいと思います。暗さもあるけど愛も溢れたお話で、光の闇の両面で愛がたっぷり詰まったゲームです。

|

より以前の記事一覧